2021/07/15

牧 孝友貴 展

本日より、報美社主催
牧 孝友貴  展を開催しています。

木製パネルにペンキとアクリル絵の具で描かれた油絵です。
ブルーを基調にした美しいグラデーションで描かれた空と水面。
空から降りそそぐ、無数の星のような、希望の粒のような
繊細に散りばめられた色とりどりのドット。
静謐さ、安寧、祈り、夢、希望などを感じ
見ていると心穏やかになっていきます。

とても素敵な展示会です。
是非足をお運び下さいませ。

会期:  7月15日(木)~7月20日(火)
時間:  11:00 ~ 19:00   
     16日(金)は20時まで
     最終日は16時まで
主催:  報美社
http://gallery-st.net/

2021/07/05

手作り6人展 2021

本日より『手作り6人展』が始まりました。
陶芸、創作染め、裂織・手染め、加賀ゆびぬき、ストーンジュエリー、
彫金風皮革アクセサリー、様々なジャンルのアーティス達の合同作品展。

◇陶芸 / 新谷健
薪の火をコントロールしながら、5昼夜ほどかけて1300度近い炎にて焼き締める穴窯焼き。
数百万年前に風化堆積した花崗岩由来の陶土で作った作品に、穴窯のなかで灰が自然に降りかかり、自然釉となります。美しい自然釉の色合いの、小鉢やお皿、お猪口などの食器を数多く展示。

◇彫金風皮革アクセサリー / 小島 厚子 
皮革に金箔をほどこし、金属のように仕上げている皮革アクセサリー。
大きくゴージャスな作品でも、レザーなのでとても軽いため、実用的。
ユニークでシャレが効いていて、思わず吹き出してしまうような作品や、
有名な絵画をモチーフにした絵画シリーズ、ことわざモチーフなど
なるほどこう来たか…と感心してしまう作品も。
美しい作品より、面白い作品を作る事に情熱を燃やしています、という作者さん。
身に着けることができる、唯一無二の楽しいアート作品です。

◇ストーンジュエリー / 佐藤 タニ子 
綺麗な天然石を使ったアクセサリーは、石自体の色ももちろん美しいのですが、
配色のバランスや、デザインがとにかく絶妙。
ネックレス・指輪・ピアス・イヤリング・ブレスレット、マスクチャーム等
身に着けるだけで装いがワンランクアップしそうな素敵なジュエリーです。

◇創作染め / 大平 晃司
和服の染め技術を駆使して、数回に分けて手間暇かけて染め出すという
根気のいる作業を経て作られたオリジナル作品は、どれも魅力的。
蓮、水流、メダカ、カエル、金魚、などをモチーフにし素敵なTシャツは全て
なんと30~50回もの刷り込み工程を経て作られた作品です。
正面が、マグロ、タイ、イカ、甘えび、稲穂(米)、わさび(寿司の材料になるモチーフ)
裏面が、カツオ、昆布、大豆(出汁と醤油の原料になるモチーフ)
という、かっこいいけれどシャレが効いていて面白いTシャツも。
デザインも色合いも涼し気でとてもかっこいい!
猫などの動物をモチーフにした染物のバッグや小物入れ等、
和風テイストのオリジナル作品も多数。





















◇裂織り、手染め / 牧野 時江 
布を細かく裂いて織り物にした、手作りの裂織物で作った
バッグやお財布は、何とも言えない風合いがあります。
余った裂織物をパッチワークのようにして作ったハンドバッグはとても素敵でした。
他にも、繊細な模様レースの洋服、
更にそのレースや風合いの違う布を染め上げ、微妙な色合いに仕上げたスカート等
素敵なお洋服も展示されています。


 

















◇加賀ゆびぬき / 栄森 仁美
加賀ゆびぬきは、残った布端と絹糸で作られた実用的で美しいゆびぬきです。11本の絹糸が隙間なく縫い詰められているので、光の当たり具合で見られる陰影もとても綺麗です。
江戸時代には、嫁入り前のお裁縫の練習にも使われ、完成したゆびぬきは、嫁入り道具や雛飾りにそえられていたそうです。

 


 












手作り6人展
7/5(月)~10(土)
11:0019:00(最終日は17:00迄)
加賀ゆびぬき/ ストーンジュエリー/ 創作染め
裂織・手染 / 陶芸 / 彫金風皮革アクセサリー
 

2021/05/19

いとうさとこ / 江角健治 / 飯田哲 展


本日より、報美社主催 

『いとうさとこ・江角健治・飯田哲 展』を開催しています。

水彩画のいとうさとこさん。
植物、食べ物、建物などの身近な風景を
柔らかな輪郭と、優しい色合いで描いています。
対象に対する優しい気持ちを感じる水彩画です。


油絵の江角健治さん。
擬人化して描かれていて、とにかく可愛らしい建物の油絵です。
建物たちが、今にも動き出しそうで、
隣同士の建物たちがでおしゃべりしている声が聞こえてきそうで、
どんどん想像力が広がり、楽しい気持ちになる絵です。


木版の飯田哲さん。
波、花、植物、などの自然の風景を、木版で表現しています。
大胆な構図、繊細なグラデーションや対比を表現した色味、
すっきりとした印象の、美しい木版画です。

24日(月)まで。是非足をお運び下さいませ。


会期:  5月19日(水)~5月24日(月)
時間:  11:00 ~ 19:00   
     21日は20時まで
     最終日は16時まで
主催:  報美社
http://gallery-st.net/

2021/04/22

法政大学カメラ部 新歓展

本日より4月25日(日)まで、
法政大学カメラ部 新歓展 を開催しています。

新入生の為に、カメラ部員が開催している写真展ですが、
プロのカメラマンの写真展なのでは・・・?
と思うほどに、どの写真もレベルが高く、
本当に素敵な写真展です。

瞬間の切り取り方、構図、色合い、
どれもとても美しく、一体これはどこなのだろう、
とその場所に行って追体験してみたくなる写真。
よくぞこの瞬間を捉えたと感心してしまう写真。
被写体への愛情があふれる写真。
感動する写真が多数展示されています。
是非、足をお運び下さいませ。

法政大学カメラ部 新歓展
4月22日(木)~25日(日)
11:00~19:00
法政大学カメラ部


2021/03/23

藤田嗣治展

 

本日より3月29日(月)まで、
ギャラリー藤井主催の
藤田嗣治展を開催しています。

細く美しい描線と乳白色を特色としたわずかな色彩で、
猫と女性を得意な画材とした独特の絵を書き続けた
パリ派の代表的な画家、
藤田嗣治の作品を50点ほど展示しています。

現在においても、パリで最も有名な日本人画家の一人であり、
明治以降の日本人芸術家で藤田嗣治ほどの成功を
海外で収めたものはいません。
代表作の多くは海外の美術館に収蔵されています。

貴重な素晴らしい作品を
間近でじっくり鑑賞することができます。
満開を迎えた靖国通りの桜を愛でつつ、
お散歩がてら是非、足をお運び下さいませ。



藤田嗣治展
3月22日(火)~3月29日(月)
10:30~18:30(最終日17:00迄)

2021/03/17

平尾武夫・前田正憲展

本日より、報美社主催
平尾武夫・前田正憲展を開催しています。

会場手前に展示してあるのが
インク、顔料、アクリル等による混合技法で描かれた
平尾武夫氏の作品。
鮮やかなブルーが印象的な作品に引き込まれます。
現在では入手困難な貴重な青い顔料を
使っている作品もあるとのこと。

会場奥に展示してあるのが
日本画の技法で描かれた、前田正憲氏の作品。
シンプルで静謐。心がすんと落ち着く気がします。
とても素晴らしい展示会です。
靖国通りに咲き始めた桜を見ながら、
是非足をお運び下さいませ。



会期:  3月17日(水)~3月22日(月)
時間:  11:00 ~ 19:00   
     19日は20時まで
     最終日は16時まで
主催:  報美社
http://gallery-st.net/






2021/03/09

私たちの視展#2 ~法政大学写真研究会 2020年度卒展~ 

 

本日より3月13日(土)まで、

法政大学写真研究会の2020年度卒展

『私たちの視点#2』を開催しています。

写真研究会の学生さん達が、

様々な視点で切り取った日本の風景の美しさに

改めて気付かされる作品展です。

タイトルも秀逸で思わず笑ってしまう作品や、

東京から田舎へ行った青、田舎から東京へ行った青年、

それぞれの印象的な風景がコメントと共に並べられていて、

その対比が面白い作品も。



私たちの視展#2 ~法政大学写真研究会 2020年度卒展~

3月9日(火)~13日(土)

11:00~18:00

主催:法政大学写真研究会