2020/11/30

第35回 しかけえほんファンタジックフェア ~大日本絵画~ 

本日11/30(月)より12/4(土)まで、

大日本絵画のしかけ絵本展を開催しています。

毎年恒例のクリスマス前のこの時期の絵本展。
今年で35回目を迎えます。
クリスマス仕様のギャラリーに、
しかけ絵本が約100種類、会場いっぱいに並んでいます。

年々進化するしかけ絵本。
驚くような大がかりなしかけや、繊細な切り絵、
絵本とは思えない素晴らしい質の音や光を楽しめる絵本、
お部屋に飾って楽しむ絵本、
すべてのしかけ絵本をお手に取ってごらん頂けます。

開催時間は11時~18時まで。




第35回 しかけ絵本ファンタジックフェア
~大日本絵画~
11月30日₍月)~12月4日₍金₎
11:00~18:00

2020/11/23

高橋文平 水彩画展 ~ポルトガル・フランス・スペインの空の下で~ 

ポルトガル、フランス、スペインの美しい風景を
水彩画や油絵で描いた、高橋文平氏の個展が本日よりスタート。

ダンディでスタイリッシュで明るい高橋さんの佇まいが
そのまま絵にもあらわれています。
伸びやかで明るく、オシャレで繊細なタッチの風景画の数々を見ていると
まるで自分がヨーロッパの街の風景の中にいるかのように感じられ
海外を旅しているような明るく楽しい気持ちになります。

ポルトガルに暮らし、フランス、スペインなど
あちこち旅しながら風景画を描いてらっしゃる高橋さんの、
街や風景、そこに暮らす人々への愛情が感じられる
とても素敵な展示会です。

ちなみに絵を飾っているイーゼルも、
高橋さん手作りのオリジナル作品。とても素敵なデザインです。

是非、足をお運び下さいませ。


高橋文平 水彩画展 ~ポルトガル、フランス、スペインの空の下で~
2020年11月23日(月)~28日(土)
11:00~18:30(最終日は16:00迄)

2020/11/16

清水義光展 


世界で活躍する美術家・清水義光の個展

『清水義光展』本日より11/22(土)まで開催中。

油絵・書・陶芸

全ての作品から溢れ出るパワーに圧倒されます。


最近まで美術学校に貸し出されていたという、

男性の全身描かれた大きな絵は、

なんとヨットの帆に描かれたものだそうです。



正面に展示されているこちらをじっと見る自画像には、

目が合うとしばらく目が離せなくなるような迫力があります。

武骨で迫力のある焼き物は、釉薬を使わず穴窯で数日かけて焼き上げる作品。

創作しているうちに「もっと土を足せ」と語りかけてくる土の声に従って仕上げるので

最初の思惑と全く異なる作品が仕上がることが多々あるそうです。

作品に動物や神様が隠れているものもあり、それを見つけるのもまた面白いところです。


ご本人と奥様が在廊していらっしゃるので、

間近で作品を鑑賞しながら、作品が出来るまでのお話を是非伺ってみて下さい。

とても興味深く、面白いお話を拝聴することができます。


とにかく素晴らしい作品ばかりで圧巻の作品展。

22日(日)まで。最終日は17時迄です。

http://www.art-yoshi.com/


清水義光展

11/16(月)~11/22(日)

11:00 ~ 19:00 (最終日17:00迄)




2020/11/02

染め遊びⅡ 福王寺 紅型・型染教室作品展

 

本日より、11月8日(日)まで、

『染め遊びⅡ』福王寺 紅型・型染教室作品展を開催しています。

紅型とは、沖縄を代表する伝統的な染色技法のひとつです。

『紅』は色全般を指し、『型』は様々な模様を指していると言われています。

伝統的な紅型の柄を用いた作品だけでなく、

遊び心溢れる作者のオリジナル柄の作品もあり、

柄の美しさと面白さ、豊かで鮮やかな色合いを楽しめます。


紅型の帯で新しい表情を見せるお着物との組み合わせを楽しんだり、

同じ型だけど違う色を使って染め上げた作品の見比べたり、

型染した素敵なハガキ(作り方も書いてあって面白い!)をじっくり見たり、

なんだか明るい気持ちになる、とても素敵な展示会です。

是非足をお運び下さいませ。


『染め遊びⅡ』福王寺 紅型・型染教室作品展

11/2(月)~ 11/8(日)

11:00~19:00(初日12:00~・最終日17:00終了)


2020/10/26

第7回 川﨑草木染工房展 ~奈良時代の色を染める~


本日より、10月31日(土)まで
第7回 川﨑草木染工房展
『奈良時代の色を染める』
開催しています。

この工房展は、2007年に始まり、
赤の染料を染める、青と黄の染料を染める、
重ねの色を染める、平安の襲を染める、
江戸時代前期の染色を染めると回を重ね
今回は「奈良時代の色を染める」をテーマに
各所の教室で草木染めを楽しんでいる方々が参加しています。

天然の素材を使った染色技術の素晴らしさ、
色合いの微妙な違いと、その美しさ、
そして色を表現する日本語の美しさと豊かさに感動させられます。
染めの原料の植物も展示されていて、布と見比べることができます。

ストールや洋服、
可愛らしいデザインの小物やバッグ等も展示されています。
とても素敵な展示会です。
是非、足をお運び下さいませ。



第7回 川﨑草木染工房展
『奈良時代の色を染める』
10月26日(月)~10月31日(土)
11:00~16:00(最終日は15:00迄)

2020/10/19

Michiko個展vol.6 ∞こんなときは「Tink-kamillia(ティンクカミリア)」!!∞

Michiko個展 vol.6 

こんなときは「Tink-kamillia(ティンクカミリア)」!!

本日より24日(土)まで、開催しております。

作者のMichikoさんの頭の中に、イメージとして現れる
Tink-kamilla(ティンクカミリア)という
白くてふわふわした可愛らしい生き物の世界が描かれた作品展です。

じんわりと心癒されたり、
ハッとさせられるような気付きがあったり、
涙ぐみそうになってしまったり、
観る人によって惹かれる絵が様々だという不思議な作品たちは、
私たちを温かな気持ちにさせてくれます。

会場のあちこちに、可愛らしいティンクカミリアがいますので、
探してみるのも楽しいかも。

Michiko個展 vol.6 
∞こんなときは「Tink-kamillia(ティンクカミリア)」!!∞ 
10/19(月)~24(土)
12:00~19:00(最終日は17時まで)

2020/10/05

源の会 ~装飾デザイン作品展 (パルメット研究会)~

 本日より10月10日(土)まで、第19回 源の会 ~装飾デザイン作品展~を開催しています。

どの作品も、レベルが高く非常に美しい作品展となっています。

・型染

型染とは、日本の伝統的な染色技法のひとつで、柿渋を塗った和紙を重ねて燻し硬化させた渋紙に、模様を彫りぬき、もち米から作られる糊で糊置きし、彩色するという技法だそうです。色鮮やかで美しい作品、落ち着いた色合いの渋い作品、どれも美しく、見とれてしまいます。

・日本刺繍 

日本刺繍とは、日本において絹糸で織られた生地に絹糸で施す技法の総称です。日本刺繍には型というべき基礎となる繍い方が四十余種あり、図案、デザイン、色彩以上に大切なのが、その繍いの技の技術なのだそうです。遠くから見た作品のデザインや色彩に惹かれて近づいて見ると、その美しい繍いの技の技術に圧倒され、感動を覚えます。

・陶器

図案の絵画と、それを陶器に焼き付けて作品にしたものが一緒に展示してあり、見事にその絵画の色合いが陶器に再現されているのを見ることが出来ます。同じ色合いに焼き付けることはとても難しいとのこと。見事です。

・日本画

日本画ならではの淡い色彩と細かなタッチで、牡丹などのゴージャスな花が美しく描かれています。とても美しい作品です。













源の会 ~装飾デザイン作品展~

10/5(月) ~10/10(土)

11:00~17:00 (初日は13:00より、最終日は16:00迄)

小野栄子(陶器・絵付)

河島佳子(日本画)

田代泉(日本刺繍)

中塚智恵(型染)

長谷川洋子(型染)