2019/11/11

野画工房展 ~藍染・伊勢型紙型染・刺し子・つまみ細工~


本日11月11日(月)から16日(土)まで
『野田工房展』開催中です。
藍染・伊勢型紙型染・刺し子・つまみ細工の作品展です。

◆藍染・伊勢型紙型染
藍染を中心とした染め物や、
細やかな模様を丁寧に切り取ってある
伊勢型紙で藍で型染めした
細かい模様が見事な織物。
その織物を使って作った小物等、
藍染の美しさが映える作品が多数展示されています。

◆刺し子
ご自身でデザインした洋服やバッグに、
刺し子を施した素敵な作品が多数展示されています。
細かく刺繍された刺し子デザインも
裏地に藍型染が使われていたりして、とてもオシャレです。

◆つまみ細工
和装用の髪飾りは、どれも素敵ですが
特に青色の美しさが際立っていました。
藍染で染めた絹で作られているとのことで、なるほどと納得しました。
初日の今日と、金・土の17時までは、
500円でつまみ加工の体験も出来るとのこと。所要時間は30分程。
大人はもちろん、小学校入学前のお子さんでも作れるとのことでした。
可愛らしい作品ができると思いますので、是非体験してみて下さい。

野画工房展 藍染・伊勢型紙型染・刺し子・つまみ細工
会期: 11月11日(月)~11月16日(土)
時間: 11:00 ~ 18:00 (最終日は16時まで) 
主催: 野画工房

2019/11/05

松原伸生 藍型染まつばら工房展


藍型染めの第一人者、松原伸生氏の藍型染個展
11月4日より開催中です。

会場いっぱいに、センス良く展示された藍染作品の
型染のデザインの美しさ、繊細さに圧倒されます。

松原さんは、長板中形(下記参照)という
染め技法の技術保持者です。

洗練されたデザインの美しさだけでなく、
表と裏の模様が見事にピッタリ合っている技術力がすごい。

また、表と裏の絵柄が全く違う染めで仕上げられている
着物もあり、その技術力と粋なデザインにも感動します。

会期は11月9日(土)まで。
一見の価値あるおススメの展示会です。

長板中形とは、浴衣を意味する中形の染め技法のひとつで、「長板本染中形」が正式な名称です。また江戸中形とも呼ばれます。本来中形とは、小紋よりも大きい柄の染めものをいいました。
藍一色による染めで、6.5mほどの長い板に木綿の白生地を張りつけ、順々に型紙を置いてへらで防染糊をつけます。乾燥したら、表の模様とぴったり重なるように、生地の裏面の同じ位置に型紙を置きます。型を写し終えた生地を藍甕に入れて、一気に染め上げます。染め上がった着尺の表裏に同じ模様が白く抜け、透けて見えているかと思うほどの、とても精密な柄合わせがなされています。また粋で上品な仕上がりになります。
この技法は熟練した技が必要で、重要無形文化財に指定されています。あまりにも高度な技術のため、現在は木綿だけでなく麻や絹にも染められています。



松原伸生 藍型染展
11月4日(月)~11月9日(土)
11:00~18:00(最終日17:00迄)

2019/10/22

Michiko個展vol.5 「Tink-kamilia(ティンクカミリア)」はいつもどこかに  

Michiko個展 Vol.5 
「Tink-kamilla(ティンクカミリア)」はいつもどこかに
本日より27日(日)まで、開催しております。

Tink-kamilla(ティンクカミリア)とは、
白っぽくてふわふわと柔らかそうな体で
いつも笑顔の可愛らしい二足歩行の生き物で、
作者のMichikoさんの頭の中にイメージとして現れる
この生き物の世界が描かれているそうです。
イメージを絵に落とし込んでいくので、
完成するまではどんな絵になるのかは分からないとのこと。
タイトルも完成した絵を見てから決めるそうです。


観る人によって惹かれる絵が様々だという不思議なこの絵は、
楽しく温かな気持ちにさせてくれます。




Michiko個展 Vol.5 
「Tink-kamilla(ティンクカミリア)」はいつもどこかに
10/22(火・祝)~27(日)
12:00~19:00(最終日は17:30迄)

2019/10/15

おとなの工芸祭 テーマ愛2019~東京都立工芸高校デザイン科OB/OG会~ & 第10回純心写真展~東京純心女子大学写真部卒業生写真展~

本日より、
東京都立工芸高校デザイン科OB・OG展示会
『おとなの工芸祭2019』と
東京純心女子大学写真部卒業生写真展
『第10回純心写真展』がスタート。


両校で、それぞれの生徒さん達を指導された
君島昌之教諭が架け橋となり
同時開催の運びになったとのこと。

卒業後、多分野で活躍されているOB・OG達による
様々なテイストの個性あふれる作品展です。


伝統工芸である藍型染、
フラワーアレンジメント、
デザインポスター、絵画、書、
アナログテレビ時代の手書きテロップ、
紙製のアクセサリー、
木工、アクリル、モビール、
羊毛フェルト、ペーパークラフトなどの
様々なデザインの造形物。

そして人物や風景の瞬間を切り取った写真も
とても素敵でした。

面白い作品展です。
そして、現在デザインを勉強されている
学生さん達にとっては
将来の参考になるのではないでしょうか。


『おとなの工芸祭2019 テーマ愛』
東京都立工芸高校デザイン科OB・OG展示会
『第10回純心写真展』
東京純心女子大学写真部卒業生写真展

10/15(火)~10/20(日)
11:00~19:00 (最終日は17:00終了)

君島昌之(元工芸高校デザイン科教諭)講演会
『アートにみる宿命の女(ファム・ファタル)』
10/29(土) 16:00~17:00






2019/10/09

会期変更のお知らせ 創造美術会

現在開催中の
創造美術会<陶芸・染織・創作面コラボ展>は、
10月12日(土)までの開催予定でしたが、
大型台風接近予報の為、
会期を11日(金)までに変更致します。
11日は18時までとなります。
ご来場を予定していた方々にはご迷惑をおかけしますが
ご理解の程よろしくお願い致します。

創造美術会<陶芸・染色・創作面コラボ展>
10/6(日)~12(土)11(金) 11:00~19:00(最終日は18時迄)

2019/10/07

創造美術会<陶芸・染織・創作面コラボ展>




創造美術会
<陶芸・染織・創作面コラボ展>開催中。


陶芸:
お料理を引き立ててくれる和食器、
野の花をいけてみたくなる花器、
今にも動き出し
語りだしそうな縄文土器、
左右それぞれ
見る方向から違った形に
見える不思議な陶器、
個性豊かな陶芸作品を多数展示。
製作者の方々のお話を聞くのも面白いです。

染織:
染、織のタペストリーや暖簾など、
見事な大作の数々が壁に展示されています。
壁に一枚かかっているだけで、お部屋の雰囲気がガラリと変わるだろうという素敵な作品です。

創作面:
鬼気迫る迫力を感じる面の数々に
思わず見入ってしまいます。
面の周りだけ、空気がシンとするような
そんな雰囲気を感じます。


創造美術会<陶芸・染織・創作面コラボ展>
10/6(日)~12(土)11(金) 11:00~19:00(最終日は18時迄)





2019/09/25

凪の会 つづき

こちらの漆塗り作品は、なんと98歳のご婦人が作られているとのこと。
鎌倉から東京まで電車に乗って、
毎週ご自身で教室まで通ってらっしゃるそうです!

白い瓢箪は、うずらの卵の殻を細かく砕いて
漆で張り付けているそうです。
たしかによく見ると、うずらの卵柄です。

ちなみに湯呑みは陶器に見えるけど、木製だそうです。
手に収まりがよく、木ならではのあたたかみを感じます。

ずっと鎌倉彫りをされていて、
今は漆塗りにはまっていらっしゃるとのこと。

何か好きなことを見つけて、
それを極めていく力は素晴らしいなぁと思います。



凪の会
9月23日(月)~9月28日(土)
11:00~19:00 (最終日は17:00まで)

洋画:下川吉博 象牙:駒田龍哉 陶芸:岡村昭男 陶芸:重松忠道 
和紙遊ゆう画:中澤ちか子 イラスト:菅家康之 
木工芸草木染:二瓶陽子 織:原口陽子 織:寺木幸子 
書:長谷川灯 塗:引野久子 袋:寺尾喜美子 挿花:今泉秀鵬