2018/09/10

チベット仏画『タンカ』展

9/9(日)から9/17(月・祝)まで
チベット仏画『タンカ』展を開催しています。

チベット旅行でタンカに出会い、
その魅力にハマった勝俣靖雄さんが何度もチベットを訪れ、
コツコツと買い集めたタンカコレクションの数々と
現地で撮影したチベットの写真を
ギャラリーにて展示公開して下さっています。
貴重なタンカのコレクションはもちろんのこと
チベットでの写真もとても素敵で、
チベット愛を感じる展示会です。

タンカとは、主にチベットで仏教に関する人物や
曼荼羅などを題材にした掛け軸で、
岩絵具(鉱物の粉)を膠(にかわ)=(牛の皮由来)で溶いて
綿のキャンパスに描いた仏画のことだそうです。

タンカは一枚一枚個性があり、同じモチーフでも
印象、世界観が全く違って興味が尽きることがないとのこと。


私はタンカを見るのは初めてだったのですが、
細かいところまで丁寧に描かれていて、
たしかに世界観もそれぞれ違い
じっくり見れば見るほど、とても面白いものでした。
例えば、六道輪廻図という絵。
六道とは、人間が善悪の業因(ごういん)によって行めぐる六つの世界で、
地獄・餓鬼(がき)・畜生(ちくしょう)・修羅(しゅら)・人間・天上をあらわしています。
でも地獄を描いているのですが、そんなに恐ろしくない印象で、
どこかユーモアも感じる作品でした。

タンカは、布のキャンパスの上に描いたものですが、
砂曼荼羅という、仏僧が板の上に1か月ほどかけて描き上げる曼荼羅は
数か月後、破壇式で解体し、水に流されてしまうそうです。
その制作風景の写真や、チベット高地の美しい写真も展示してあります。

チベットの魅力、異文化の面白さ、そして仏教との共通点も感じることができます。
主催者の勝俣靖雄さんのお話も興味深いものでした。

とても珍しく面白い展示会です。是非お立ち寄り下さいませ。


チベット仏画『タンカ』展
9月9日(日)~9月17日(月)
11:00~19:00
主催:勝俣靖雄





2018/08/27

第17回 文京ペン画淡彩会展

8/26(日)~9/1(土)まで、
ペン画淡彩風景画作品展、
『第17回 文京ペン画淡彩展』を開催中です。

主催は文京学院大学・生涯学習センター。

同センターでペン画淡彩風景画を学ぶ生徒さん達と
講師の丸谷先生の賛助出品も展示されている作品展です。

緻密で繊細なペン画に
淡い水彩絵の具を重ねて彩った
美しい作品を多数展示。

見慣れた街の風景や人々、
植物園や公園の瑞々しい緑が絵の中に息づいていて
会場を癒される空間にしてくれています。


会期: 8月26日(日)~9月1日(土)
時間: 11:00~17:30(最終日は15時迄)
主催: 文京学院大学・生涯学習センター
     ペン画淡彩風景画教室  

2018/07/15

叢雲同窓会作品展

7月14日(土)~16日(月)までの3日間、
叢雲会のメンバー現代刀匠による
日本刀の作品展を開催しております。

日本刀や、玉鋼を間近でじっくりと
見ることができる希少なチャンスです。
本日2日目、明日迄。
是非、お立ち寄り下さいませ。

叢雲同窓会作品展
叢雲会メンバーを中心とした現代刀の作品展
7/14(土)~16(月)
10:00~16:00
主催:叢雲会


2018/07/02

手作り6人展 2018

本日より、『手作り6人展』が始まりました。
皮革アクセサリー、陶芸、手織り、創作染め、裂き織・手染め、ストーンジュエリーと、

ジャンルは様々な6人のアーティストの方々の合同作品展。
どの作品もレベルが高く、じっくり見れば見るほど面白い展示会です。


◇皮革アクセサリー
いつもユニークな作品に思わず吹き出してしまう皮革アクセサリー!
今回の新作は、麻雀パイ、海とお魚、ウソから出たまこと、等
なんとも笑いのセンスとシャレの効いた作品。
美しい作品より、面白い作品を作る事に情熱を燃やしている、
という作者さん。
どこからこんなにアイデアが湧き出てくるのでしょう。
皮でできているので、大きさの割にとても軽く、
肩がこらない使いやすいアクセサリーです。
思わずニヤリと笑ってしまう、他には絶対ない
オリジナリティ溢れる作品です。


◇陶芸
シンプルで使いやすいデザインで温かみのある色合いの陶芸作品。
お料理やお酒をより美味しく引き立ててくれそうな
素敵な器を多数展示してあります。

◇手織り  
手織りの布を使って作った洋服、ストール、帽子、
アクセサリー、バッグ、小物入れ等。
手織り布の質感も色使いのバランスも、そしてデザインも絶妙です。本当に可愛い。
バッグの外や中にコロンと付けられる小物入れは
利便性もオシャレ度もぐんとUP!
小枝や葉っぱをモチーフにしたアクセサリーも可愛らしく、
洋服や小物も洗練されていてとても素敵です。


◇ストーンジュエリー
これからの季節に活躍しそうな天然石を使ったアクセサリーは、
石自体の色も素敵ですが、配色やバランスのデザインが絶妙です。

◇創作染め
和服の染め技術を駆使して
数回に分けて手間暇かけて染め出すという
根気のいる作業を経て作られた作品はどれも見事です。
夏にピッタリの涼し気なお魚デザインのバッグや壁掛け。
猫などの動物をモチーフにした小物入れもたくさんあります。


◇裂織り、手染め
布を細かく裂いて織るにすることによって
何とも言えない風合いが出てくる織物を使って作られた作品。
繊細な模様レースの洋服、更にそのレースや
風合いの違う布を染め上げ微妙な色合いに仕上げたスカート等。
同じ染料を使っても布地によって染め上がりの色が違うそうで
素材や染料の種類によって入りやすい色が先に入るのでは
ないかとのこと。興味深い染めの世界です。

手作り6人展
7月2日(月)~7日(土)
11:00~19:00(最終日は18:00迄)




2018/06/25

ペン画淡彩風景スケッチを楽しむ会作品展

本日より6月30日(土)まで、
ペン画淡彩風景スケッチを楽しむ会作品展を開催中です。

ペンの線を生かし、透明水彩絵の具で彩色する風景画を
以前絵画館で学んでいた生徒さんの有志の方々が集まり
先生の作品と共に展示している風景画の作品展です。

繊細なタッチのペン画に、透明感のある美しい彩色が
施された作品が会場一杯に展示されています。
水彩画の繊細な美しさが優しい空間を作りだしています。

初日の今日は、先生が皆さんひとりひとりの作品に、
レイアウトや奥行きを出す為の色使い、光のあたり方等、
丁寧に講釈を加えて下さる勉強会が開かれていて
熱心に聞き入る生徒さん達で会場はいっぱいでした。

とても美しい展示会です。是非見にいらして下さい。

ペン画淡彩風景スケッチを楽しむ会作品展
会期:6月25日(月)~30日(土)
時間:11:00 ~ 18:00 (初日13:00より・最終日 16:00まで)

2018/06/18

第9回 三井正樹展

本日より、『第9回 三井正樹展』開催中です。
ダウン症を超えて画家人生を開花させ
数々の賞を受賞している三井正樹氏の作品展です。

明るい色合いの絵画や、真っすぐな道を描いた絵画からは、生命の輝きを感じます。

絵画と共に、言葉も飾られています。

ぼくのすきな言葉
希望がなければ
自分で希望を創るのだ
世界が暗ければ
自分が太陽と輝くのだ

不思議と明るい気持ちにさせてくれる
素敵な展示会です。
是非足をお運び下さいませ。


第9回三井正樹展
6月18日(月)~24日(日)
11:00~19:00(最終日16:00迄)


2018/06/11

June 2018 作品展


本日より16日(土)まで、
絵画、アクセサリー、陶器、袋小物等の
グループ作品展を開催しています。

七宝焼きの作品は、
色合いもデザインも上品で
存在感のある素敵なアクセサリーが多数。

会場奥に掛けられた、ひときわ目を引く
大きなパッチワークのタペストリーと
同じくパッチワークで丁寧に作られたポーチは
デザインも色合いも、可愛らしくてとても素敵です!


茶色、モスグリーンのくすんだ色と
デザインがオシャレなバッグは、
なんと畳の縁で作られたものだそうです!
持ってみるととても軽くて、使いやすそう。
畳のへりを使うというアイデアが
すごいと思いました。

そして壁一面に飾られた、水彩画も素敵です。
透明感のある水彩画で植物や風景が描かれていて、会場を華やかに彩っています。

どれも素敵な作品ばかりです。
是非、足をお運び下さいませ。

June 2018 作品展
6月11日(月)~16日(土)
10:30~18:30(最終日17時迄)