2022/01/24

手作り6人展

本日より1月29日(土)まで『手作り6人展』開催中です。
陶芸・帽子・彫金風皮革アクセサリー・絵付け陶器・手織り・手作り香と
ジャンルは様々ですが、どれも本当に素敵な作品揃いの展示会です。

◇陶芸 / 小島亜紀子
古信楽の少しジャリ感のある白土を使い、かき落としという伝統技法で作られた作品。
『かき落とし』とは、成形した土の上から化粧土を塗り色付けした後に、
工具で表面を彫って部分的に素地の土の色を出し、模様にする技法です。
非常に手間のかかる工程を経て作られた作品は、デザインも秀逸。
連続する模様の広がりと美しさが、それぞれの器にピッタリとおさまっています。
手に取ってみると、彫りの部分の凹凸を指先に感じて心地良く、
実用品としても、鑑賞用のオブジェとしても優れた作品です。
今回の新作は、古木に土を押し付けてかたどったお皿や花瓶。
木目がそのまま、渋めの色合いの陶器にうつされていて、
陶器だけど木目の風合い楽しむことができます。
干支のトラが可愛らしく出迎えてくれます。


帽子 大谷有未
日常がわくわくするような、個性的な形のオリジナル帽子。
デザイン・縫製まですべて作者の大谷さんが手がけています。
オリジナルデザインの素敵なフエルト帽子には、兎毛フエルトが使われているとのこと。
羊毛フエルトしか知らなかったのですが、うさぎの毛のフエルトは柔らかく暖かくて、
北欧などの寒い地域では、よく帽子に使われている素材だそうです。
ベレー帽、ニット帽、バッグとセットで展示されている帽子、
身に着けてお出かけすると、気持ちが明るくなりそうな、どれもお洒落で素敵なフォルムの帽子です。

 

 















彫金風皮革アクセサリー / 小島厚子 
皮革に金箔をほどこし、金属のように仕上げている皮革アクセサリー。
皮革の加工自体は、それほど難しくはないのだけれど、
カットされた皮の繊維の向き(まっすぐ・斜め)によって、
加工後に変形してしまったりすることがあるそうです。
繊維の向きは見えない為、思った通りに仕上がるかどうかは、
最後までわからないとのこと。
さらに金箔をほどこすのがとても手間のかかる作業で、
ひとつの作品を完成させるまでに、全ての工程を終えるまでなんと1週間かかるそうです。
大きくてゴージャスな作品でも、レザーなのでとても軽く実用的。
ユニークでシャレが効いていて、ニヤリと笑えるような作品や
有名な絵画をモチーフにしたシリーズ、ことわざ・四字熟語モチーフ、
歯、ハイヒール、手袋、これは何だろう?と、見ていて楽しい作品ばかり。
今回の新作のひとつである、エジプトの死者の書に描かれた謎の神
白いおばけちゃんのような『メジェド』がとても可愛いです。
美しい作品より、面白い作品を作る事に情熱を燃やしています、という小島さん。
美しい(もしくは楽しい)アート作品を身に着けたい方、オンリーワンをお好みの方、
ゴージャスだけど軽くて肩がこらないアクセサリーを身に着けたい方、おすすめです!

















調香・お香づくり体験 / 竹中まや
和の香りをイメージして、蓮の葉などの葉っぱで作られたボタニーペインティング作品や、
オリジナル調香の手作り香。生活に溶け込む天然の香りの和のアロマテラピーです。
今回調香体験できるのは、常温で香る室内香、インテリアオブジェにもなる「飾り香」。
自分好みの香りを選び、和菓子をかたどった飾り香を作ることができます。
素敵な桐箱に入った飾り香は、見た目も香りも楽しめます。
お香の香りに癒されたい方、好みの香りを見つけてみたい方、
和のインテリアに興味がある方、面白そうやってみたいという方、
火曜日以外でしたら体験できますので、是非挑戦してみて下さい。
 

















◇絵付け陶器 / ひたき工房
白い器に11つ手描きで鳥や動物たちが描かれています。
全て手描きですので、同じものはありません。
写実的にリアルに描かれた作品と、可愛らしくデフォルメされた作品、どちらも素敵です。
子供用のお茶碗には、底に「おいしかった~?」「おなかいっぱい?」とメッセージが!
食べ終わると出てくる子供にはうれしいデザインです。
どれも作者の方の動物への愛情と、使う方への愛情を感じる素敵な作品です。


 














◇手織り / 徳永由美
自作の手織り布をパッチワークして作られた、
小物入れ、バッグ、洋服、ストール、アクセサリー等。
手織り布の質感は、見た目も手触りも良く、パッチワークで織の種類と向きが違うものが、
絶妙な配色バランスで組み合わされています。
そしてデザインも秀逸。
バッグに付けられる小物入れや、小枝や葉っぱをモチーフにしたアクセサリー等
可愛らしく、洗練されていてとても素敵です。
新作の持ち手部分がアシンメトリーになっているバッグは、
見たことのないデザインで、バランスも計算しつくられていて、実用的。
色合い、デザイン、素材感、トータルバランスが素晴らしい作品です。

















手作り6人展
2022年1月24日(月)~29日(土)
11:00~19:00 (最終日は17時迄)
・絵付け陶器 / ひたき工房  
・帽子 / 大谷有未
・手作り香 / 竹中まや  
・陶器 / 小島亜紀子
・彫金風皮革アクセサリー / 小島厚子  
・手織り / 徳永由美

2022/01/06

前嶋 望 / 佐藤 かな / 滝沢 彩輝 展

本日より1/11(火)まで、
前嶋 望 / 佐藤 かな / 滝沢 彩輝 展
報美社主催で開催しています。


・前嶋 望 (油彩・水彩・アクリル絵の具・色鉛筆)
黒を背景にコントラストをくっきりと際立たせた
生命力と神秘を感じる植物。
淡い色の背景に溶け込むように
柔らかく描かれた猫や風景。
多彩な表現力に圧倒されます。
・佐藤 かな (銅版画・ウッドバーニング)
銅版画:
植物と水をモチーフにした銅版画。
水を命の源とした植物の命の瞬間を表現しています。
主にエッジング・面はクレヨンや蜜蝋。
ウッドバーニング:
ペンの形の電熱器で焦がしながら線にしていく技法。アクリル絵の具をしみこませ、木目を浮きだたせ
メディウムで表面を整えます。
どちらも非常に繊細な線で描きこまれていて見事です。
・滝沢 彩輝 (ラメ彩画)
独自表現のラメ彩画で
キラキラ輝く光の世界を表現。
見る人の心を明るく温かくする素敵な画風。
「人の心に寄り添うホスピタルアート」
の活動をしていらっしゃる作家さんです。

前嶋 望 / 佐藤 かな / 滝沢 彩輝 展
会期:2022年1月6日(木)~11日(火)
時間:11時~19時 (7日は20時、11日は17時迄)
主催:報美社 http://gallery-st.net/

2021/12/16

浜地彩・くつなまい・隅田あい夏・孤泥~kody~展

 
本日より12月21日(火)まで
『浜地彩・くつなまい・隅田あい夏・孤泥~kody~展』
報美社主催で開催中です。

・浜地彩
人物の息遣いまで感じられるような人物画や静物画。
対象への温かなまなざしを感じる作品です。

・孤泥~kody~
驚くほど精密なペン画。
その細かなペン画に透明水彩絵の具で彩色を施した水彩画。
ウッドバーニング技術による木材への精密画。
近くで見るほど圧倒されます。

・くつなまい
ヘッドフォンで音楽を聴きながら
アクリル絵の具を指で直接塗って描いているという油絵。
鮮やかな彩色、色のバランス、素敵です。

・隅田あい夏
明るく美しい色調の油絵。
見ているとなぜだか気持ちが明るくなったり
落ち着いたりする作品です。

4人のアーティストそれぞれの個性が光る作品展です。
是非足をお運び下さいませ。

浜地彩・くつなまい・隅田あい夏・孤泥~kody~展
日程:12/16(木)~21(火)
時間:11時~19時 17日(金)は20時、最終日17時迄


2021/12/08

白野桔梗 / 〇hiromi / 古谷有美 展 

本日 12/8(水)より12/13(月)まで、
報美社主催で合同作品展、
白野桔梗 / ○hiromi / 古谷有美展を開催しています。

3人の作家さんそれぞれの作品から
圧倒されるようなパワーを感じます。

古谷有美
油絵。
丸いキャンパスに描かれた月のような作品。
富士が描かれた掛け軸のような作品。
三角のキャンパスに描かれた夕日。
どれも小ぶりで、部屋に飾るのにちょうどいいサイズ。
油絵の立体感も含め、おしゃれで素敵な作品。


〇hiromi
立体造形。
流木などの自然の素材と
樹脂粘土などの人工物を組み合わせた作品。
白い壁に映える黒をベースに
絶妙な配分で施された鮮やかな彩色。
造形の美しさも、色の組み合わせも配分も、
とにかくかっこいい作品。
白野桔梗
油絵。
神社巡りが大好きという作者が描く
狛犬たちは、生き生きとしていて
元気?と話しかけてきそうな
鳳凰はこちらに飛び出してきそうな
不思議なパワーを感じる作品。

是非足をお運び頂き、パワーを実感してみて下さい。

白野桔梗 / ○hiromi / 古谷有美 展
会期:  2021年12月8日(水)~12月13日(月)
時間:  11:00 ~ 19:00
    10日(金)20:00まで ・最終日は16:00まで  
主催:  報美社  
http://gallery-st.net/

白野桔梗 / ○hiromi / 古谷有美 展 



2021/11/29

第36回 しかけえほん ファンタジックフェア



本日11/29(月)より12/6(月)まで、
大日本絵画のしかけ絵本展を開催しています。
今年で36回目を迎えるこの絵本展を
毎年楽しみに待っている方も多くいらっしゃいます。
はじまりましたよー!

クリスマス仕様のギャラリーに、
しかけ絵本が約100種類、会場いっぱいに並んでいます。
年々進化するしかけ絵本。
クリスマスが楽しみになるクリスマス絵本、
驚くような大がかりなしかけや、繊細な切り絵、
絵本とは思えない素晴らしい質の音や光を楽しめる絵本、
お部屋に飾って楽しむ絵本、
すべてのしかけ絵本をお手に取ってごらん頂けます。
是非お立ち寄り下さい。

第36回 しかけ絵本ファンタジックフェア
~大日本絵画~
11月29日₍月)~12月6日₍月₎
平日は11時~18時。
土日は13時~17時。
最終日は15時で終了です。

2021/11/22

内藤千春 まきしまくん GAI 展

 




本日より、報美社主催のグループ展
『内藤千春・まきしまくん・GAI展』開催中です。

内藤千春
ブルーを基調とした静寂を感じる世界に、気品ある動物や鳥たち。
毛や羽の一本一本の柔らかさまで伝わってくる、とても丁寧なタッチで描かれています。
リアルだけど神秘的。そんな生きものたちの世界の油絵です。
まきしまくん

まるっこくて愛くるしい動物たちの肖像画?や、
彼らが生き生きと生活している様子がカラフルに描かれています。
丸いキャンパスに、まるっこい動物たちがぴったりとおさまって、とにかく可愛い。
幸せを感じる世界観です。


GAI
ミリペンで丁寧に描かれたモノクロ作品。
羽の一本一本まで細かく描かれた、鶏や梟などの鳥類。
うなじのおくれ毛を柔らかさに目が行く、人物画。
ごつごつとした岩や建物を細かく描いた風景画。
モノクロで描かれたミリペンの細かさに驚かされますが、
構図の美しさも含め、とにかくかっこいい作品です。


内藤千春 まきしまくん GAI展
会期:  2021年11月22日(月)~11月27日(土)
時間:  11:00 ~ 19:00
    26日(金)20:00まで ・27日(土)17:00まで  
主催:  報美社  
http://gallery-st.net/











2021/11/15

第20回 源の會 装飾デザイン作品展

本日より11月20日(土)まで、源の會 〜装飾デザイン作品展〜を開催しています。どの作品も、レベルが高く非常に美しい作品展となっています。

・型絵染

型絵染とは、日本の伝統的な染色技法のひとつで、柿渋を塗った和紙を重ねて燻し硬化させた渋紙に、模様を彫りぬき、もち米から作られる糊で糊置きし、彩色するという技法だそうです。色鮮やかで美しい作品、落ち着いた色合いの渋い作品、青色を基調とした紅花や三日月の作品。どれも美しく、眺めていると不思議と心の安らぎを覚えます。

・日本刺繍 

日本刺繍とは、日本において絹糸で織られた生地に絹糸で施す技法の総称です。日本刺繍には型というべき基礎となる繍い方が四十余種あり、図案、デザイン、色彩以上に大切なのが、その繍いの技の技術なのだそうです。遠くから見た作品のデザインや色彩に惹かれて近づいて見ると、その美しい繍いの技の技術に圧倒されます。上下に並んで展示されている、刺繍屏風と刺繍絵画の組み合わせに、刺繍技術と色合いのマッチングの美しさに感動します。

・陶器

花や鳥を描いた図案も色合いもバランスも美しい陶器を多数展示。内側を青色と緑色に彩色し、外側に葉っぱ柄を描き、蓋に青い鳥がちょこんととまっている陶器の可愛らしさに目を奪われました。素敵すぎます。図案の絵画と、それを陶器に焼き付けて作品にしたものが一緒に展示してあり、見事にその絵画の色合いが陶器に再現されているのを見ることが出来ます。同じ色合いに焼き付けることはとても難しいとのこと。それを見事に再現されています。


とても素敵な作品展です。気持ちの良い秋の日のお散歩がてら、是非足をお運び下さいませ。


第20回 源の會 装飾デザイン作品展
11月15日(月)〜20日(土)
11時〜18時 最終日は16時迄
主催 源の會
小野栄子(陶芸)
田代泉(日本刺繍)
中塚智恵(型絵染)